成人病の起きる仕組み

食べることは必要不可欠である一方、栄養素はそれ自体、身体にとって異物、同化やエネルギーへの変換過程で炎症の原因を作り、細胞を傷つけます。正常な場合、防御メカニズムが働いて炎症や酸化ストレスは鎮静化されます。しかし、血糖値が正常な範囲でも、高い状態が長年続くと炎症は広がり、様々な臓器に異常が生まれます。いわゆるインスリン抵抗性が発現して、高血糖・高血圧・脂質異常症などを伴うメタボリックシンドロームへと発展していきます。

インスリン抵抗性

インスリンは炭水化物、脂肪、タンパク質の代謝を制御するホルモンです。食事などで血糖値が上がると膵臓から分泌され、脂肪組織では、脂肪分解を阻止します。肝臓では、グリコーゲンを糖に分解する反応を停止させ、筋肉では糖やアミノ酸の取り込みを促し、筋肉が必要とする機能、補修、成長に関与する遺伝子発現を促進、筋肉を成長させます。脳では、糖の取り込みを促進、エネルギーを作ります。脳細胞のシナプス結合を強め、学習能力や記憶の保持や神経伝達物質の制御、血管形成や血管の機能にも関わっています。インスリン抵抗性が発現するとこれらの機能が失われていきます。